大阪府堺市の工務店、一級建築士事務所『正田工建』「収納」や「家事動線」に特化した注文住宅、ママがラクになる家づくりならお任せ下さい!

一級建築士事務所 堺市 株式会社 正田工建
正田工建モデルルームへ行こう
line qr

News

Staff-blog

スタッフブログ

NEWS

③アフターフォロー5年点検〖ライフスタイルの変化にも対応5年目!〗

 
堺市北区大豆塚町新築注文住宅 アフターフォロー

収納や動線にこだわった注文住宅
いつもスッキリ ママごきげん♪
ママがラクになるおうち「ママらくだ」

堺市北区にある工務店、正田工建 広報の西村です^^

 

早いですね、もう6月!!
ついこの前2022年になったと思ったのに・・・。あっという間に2022年も終わっちゃいそう(笑)

 

さて、今日はアフターフォロー第3段!!
今回も、最後まで読んでいただけると嬉しいです^^

アフターフォローの詳細は、保証・アフターフォローをご覧ください!

 

③アフターフォロー5年点検〖ライフスタイルの変化にも対応5年目!〗

 

5年目は、お子さまの成長を通して月日の流れを実感するころ。

「5年目も、設備の点検や項目に沿って順番に点検していく。

快適に暮らしていただいてるか、完成してから時間が経って生活スタイルも変わってると思うんで、収納は納まりきっているか、など。

5年目では他に、白アリの防蟻(ぼうぎ)の保証が切れる頃なんで更新の案内をしたり、フロアがささくれてたらペーパーかけたり、かなぁ。」

と、社長は指を折りながら、丁寧に説明してくれました。


まず、シロアリの防蟻(ぼうぎ)処理

これは、新築施工時にシロアリ被害からおうちを守るために、土台や柱など、薬剤を散布することです。

「木造建築の地面から1メートル以内の部分(柱、筋交い・土台など)には、必要に応じて防蟻処理をおこなうこと」と、 建築基準法でも義務付けられています。

しかし、この薬の保証期間が5年。5年目にシロアリ被害がないかの点検に、プロの方が来てくれます。
5年ごとに『防蟻処理』を更新し、最長15年まで更新することができます。
5年点検に伺ったときに、更新することをお勧めしています。

シロアリ被害関連の記事を見ると、恐ろしいです。

「じゃ、木造じゃなくて鉄骨の方がいいの?」と思うかもしれませんが、同じみたいです。鉄骨造りも床下に木材も使われていますし、玄関框(げんかんかまち)や床、棚など、木を全く使わない住宅なんてあり得ません。
現在、『ベタ基礎』が住宅の主流となっていて、基礎の立ち上がりと地面にコンクリートを打設している構造になっています。地面の湿気を防ぐことができ、虫害にも強い特徴があります。が、シロアリも黙ってはいません(笑)生きて行くために必死に探しています・・・。乾燥したコンクリートの収縮でできるわずかな隙間など。

堺市北区大豆塚町新築注文住宅 アフターフォロー『ベタ基礎』

100%安全とは言い切れないのが現状です。

シロアリの防蟻処理は、シロアリ被害にあってからでは遅いです。何も被害のないうちに、おうちを守ることが大切です。
5年過ぎたからといって、すぐに被害にあう訳ではないでしょうが、「大切なおうちに、安心して暮らしてもらいたい^^」と思い、シロアリ防蟻処理の更新をお勧めしています。

堺市北区大豆塚町新築注文住宅 ダイニング

 

5年点検、行ってきました!河内長野市のOさま

5年点検では、

バルコニーのトップコート(床部分)のヒビ割れが気になり、防水トップコートの塗替え見積もりの依頼をいただきました。
→ 防水トップコートがひび割れる原因は、紫外線や雨風にさらされて起こる経年劣化。トップコート部分だけのひび割れでしたら、トップコートだけの塗替えだけで済みます。ですが、放置していると、トップコートより下にある下地からの工事となって、工事も費用も大掛かりになってしまいます。

壁紙の気になる箇所の確認。
→ 後日、職人さんが補修に伺います。

クローゼット折れ戸、足元の金具の割れ。
トイレの便座フタがグラつく。
→ 後日、メーカーの者が補修に伺います。

屋外階段手摺の塗装ハゲ。
→ タッチアップ(鉄骨階段の塗装のこと)の材料をお渡しし、ご自身でも塗れるようにお伝えしました。室内の鉄骨階段手摺にも使えます。

シロアリ防蟻処理の点検日と、更新のご案内。
→ 点検日の日程調整と、更新のご依頼いただきました。

 

などが、ありました。

5年ってアッという間ですが、久しぶりにお子さまに会うと月日の流れを実感します(笑)

成長に合わせて、変化させたい箇所がないかなども確認していきます。
例えば、将来間仕切ることができる子供部屋にしてて、当時は小さかったお子さまも大きくなって「自分の部屋が欲しい☆」となれば、間仕切る工事も必要となります。

収納についても、成長の変化に対応できてるか確認していきたい大切な項目です。

堺市北区大豆塚町新築注文住宅 子供部屋

 

Oさまに、5年間住まわれた感想も教えていただきました!

「季節代わりの衣替えが、めっちゃ楽です!」と奥さま。

Oさまのおうち建築中はまだ女性スタッフがいてなくて、社長が担当していました。施工例にある社長の「思い出」のコーナー面白いです!
その当時から動線や収納にこだわっっていて、当時もその出来栄えに大満足していただいていたOさま。(太鼓判も合わせて読んでみてくださいネ☆)
5年経った今も満足していただいています!

ご主人は「主人が面白いぐらい、その通りに動くんです!!(笑)」と当時奥さまがおっしゃっていた通りで、片付けにも積極的に参加するようになった旦那さま。家事動線や収納動線も、図面上から実際の生活での体感により「あぁ、こうゆうことか!」と納得して活用していただけてるようです!
そのかいあって、ママのゆとり時間もでき、とても羨ましく思います^^

サニタリーから、サニタリー収納への動線、キッチンから回れる動線。特に気に入っていただいていて、「最初は湿気のことが心配だった。窓を開けた方が季節によっては余計に湿気たり。窓を開けるとかもしなくても、湿気がこもらずで、動線もとても便利で気に入ってます^^」

堺市北区大豆塚町新築注文住宅 アフターフォロー

「いつも収納の空間を、上手に使われているなぁ・・と、毎回来させてもらって、印象的なんです。
収納も、あまり造り込まない方が、少し未完な方が応用しやすいのかなぁ・・と思ったり。」と、社長。

「ここどうしようかなっ、ていうのが楽しいので、未完のほうが多分好きなんです!」と、奥さま。
「でも、計画してた時、どれぐらい量が増えるとか、どんな収納にしたほうがいいっていうのが、ちょっと子供の所までは頭が回ってなかったんで。予想以上におもちゃが多くて、だいぶ捨てたりしたり。予想以上に、学校の道具とかも多かったり。(笑)」

奥さまは、お子さまの成長に合わせて収納するのがお上手です。きっと未完の方が、その時々に合わせてスペースも取りやすかったりするんでしょうね^^

それに対して、旦那さまは「僕は造り込まれた方がいいです!絶対ああいうのできないんで(笑)でも、嫁がやってくれるから僕はもうやらないけど(笑)」

素敵なご夫婦です^^
もう一つ面白かった話が、
「Oさんのお宅、防音入ってるよね!?☆☆ちゃん(←お子さま)めっちゃ、良い子やね!?」説!(笑)
これは、スーパーウォール工法のおうちが遮音性に優れてて、外に音が漏れない。どうしても小さなお子さまがいてたら、泣く声や、親の怒る声なんかも外に聞こえたり。同じ年頃のお子さまを持つご近所さんからしたら「Oさんのおうちは、いつも静か。☆☆ちゃんは、怒られたり泣き叫んだりもしない。よっぽど、かしこいんやねぇ~!」って思いますよね^^

 

 

魔法瓶のようなおうち、スーパーウォール工法のおうちに住まわれて5年。
感想を聞くと第一声に、

「冬やね!!」と。

「冬が来るのが、ワクワクします!」

そんなん言ってみたいです(笑)
「暖房つけて、ほとんど一定の状態のときがめっちゃ快適なんですよ!2階もめっちゃ暖かいんで、寝るときも全然寒くない!!
だから全部、部屋を開けといて、あったかい空気が家の中を回ってるんで、寝るときは全然寒くないんですよ!布団に入って、寒っ!ていうのがなくて^^布団も蹴ってますしね。(←お子さま)」

社長も、「冬が来るのが楽しみ!ってすごいですね^^」

ホントに羨ましい・・・!「冬が来るのが、ワクワクします!」これもまた名言です!!

堺市北区大豆塚町新築注文住宅 アフターフォロー

Oさま、いつも応援してくださって、ありがとうございます。
次は10年点検です!また、点検にお伺いすること楽しみにしています^^

 

 

アッという間の5年という歳月。徐々におうちのメンテナンスに向き合って行かないといけないんだなぁ、と感じました。
心の準備やプロ目線のアドバイスを聞くことで、何かあっても慌てず、そして未然に防ぐこともできるんだと思いました。

 

次回は、④アフターフォロー10年~点検〖気を引き締めて10年目!〗

お客さまに対しての、今も昔も変わらない正田工建の姿勢が伝われば嬉しいです^^
では、次回もお楽しみに~^^

普通の主婦が工務店で仕事をすれば…

新築・建て替え 注文住宅 専門家正田工建スタッフ 西村 みわ

西村 みわ 【ブログを書いてる人】

主婦歴〇〇年!工務店の知識無し!なのになぜか工務店に就職。仕事内容は初めてのことばかり。今では「私、工務店の仕事向いてるかも…」理由は毎日が楽しいからですと西村氏。家づくりを考えている方に「成功するための注文住宅」の情報発信中

Archive