大阪府堺市の工務店、一級建築士事務所『正田工建』「収納」や「家事動線」に特化した注文住宅、ママがラクになる家づくりならお任せ下さい!

一級建築士事務所 堺市 株式会社 正田工建
正田工建モデルルームへ行こう
line qr

News

Staff-blog

スタッフブログ

NEWS

贅沢な『造作家具』があるおうち空間

 
堺市北区大豆塚町 新築注文住宅 造作家具

こんにちは~♪
堺市北区にある工務店、正田工建の西村です^^

収納や家事動線にこだわったおうち
快適なおうち時間を家族で過ごす贅沢さ
ラクラク片付けで自分時間も作れるママがラクになるおうち≪ママらくだ≫をモットーに
日々取り組んでいます♬

今日は朝からびっくりしましたね。雪です!!雪が降っています!!雪を見るとちょっぴり寒さも和らぐ気にもなりますが、やっぱり寒いです(笑)ここ何年も大阪では雪が積もってないような・・・。明日も寒いようなので、ちょっと期待したいと思います^^

 

さて、正田工建のモデルルームには、たくさんの造作家具があります!
その造作の木に、前回書きました自然塗料を塗っています。
モデルルームには木がふんだんに使われているので、部屋全体を見渡した時、高級感があり、安らぎ感があり、気持ちよくくつろげるんだと思います^^
『造作』(ぞうさく)とは、建物の内部にある部材や設備で、例えばドアや階段や空調のことを言ったり、建築することを『造作する』と言ったりもするみたいです。
今回は、建物や用途に合わせてつくる、オリジナルオーダーメイドの収納や棚、カウンターなどの『造作家具』について書きたいと思います♬

 

まず、木の種類ですが、「木」といってもその数はいっぱいありますよね。
正田工建では、ナラ・ゴム・パインが主に使われます!

・・・ナラ(広葉樹)・・・

堺市北区大豆塚町 新築注文住宅 造作家具

耐久性に優れていて、密度が高くて硬いナラ材。傷がつきにくく、ウイスキーの樽にも使われているほど耐水性に優れていて、シミになりにくい特徴がある。造作家具ではカウンターなどがオススメな高級木材です!
落ち着いた色合いで、木目の模様も、板目(いため)でとると伸びやかで美しく、柾目(まさめ)でとると虎の背中の模様に似ていることから「虎班(とらふ)」と言われ、海外では「シルバーグレイン(銀色に輝く杢(もく))」と呼ばれているそうです。
堺市北区大豆塚町 新築注文住宅 板目柾目

 


・・・ゴム(広葉樹)・・・

堺市北区大豆塚町 新築注文住宅 造作家具

その名のとおり「天然ゴム」の原料であるゴムの木。ラバーウッドとも呼ばれています。木の樹液が天然ゴムの原料になり、樹液がもう出なくなった木を木材の原料として家具などに使われています。昔は天然ゴムを作る為だけだったゴムの木。樹液が出なくなった木は処分されてたそうです。もったいない!!今では、有効利用され、木の成長も早く安定した供給ができるので価格も安価でエコな木材として注目されています。木目は穏やかで手触りも滑らかで、硬い性質をもっているので、造作家具ではカウンターや机などに使われていて、コストパフォーマンスも高いので人気です!

 

・・・パイン(針葉樹)・・・

堺市北区大豆塚町 新築注文住宅 造作家具

マツの木は節が多いので、パイン材にもところどころに節が入り、ナチュラルで優しい風合いが特徴の木目です。他の木材に比べると柔らかい木なので加工しやすいですが、傷がつきやすいデメリットもありますが、簡単に自分で補修することもできます。水分を含ませてあて布をしアイロンで温めると膨れてもとに戻ります!造作家具では、棚板などがオススメです!パイン材は油分が多いので使っているうちに艶が出てきて、明るい色から落ち着いた飴色になっていく経年変化が楽しみな木材です!

 

造作家具やその木の種類、収納ヒヤリングや間取りを決めていく際に、ご要望を伺ったり、提案したりして、木の厚みなども用途に合わせて決めていくそうです。

造作家具だけでなく、『ニッチ』や『梁』や『杉板の柱』にも使われている木材!

 

・・・ニッチ・・・

堺市北区大豆塚町 新築注文住宅 造作家具

「隙間」という意味の『ニッチ』。いろんな方面でいろんな使い方がありますが、おうちづくりに使う『ニッチ』とは、壁面にへっこんでるオシャレな飾り棚や壁面収納のこと。木造住宅の壁の中には間柱という柱が等間隔に立っていて、その間柱と間柱の間の空間を利用して作る棚のことです。どこにでも作れるとは限らないので、よく相談しなければなりません。四角だけじゃなく、アーチ型やいえ型などもできます。施工例にもあるので、探してみてくださいね~^^モデルルームにもあるように、白い壁にへっこんでいるところに木の棚があるだけで、とってもおしゃれになりますよね~。木の板を使わず、へっこんだところにインターフォンやセコムなどを設置して壁のでっぱりをなくすこともできます。

 

・・・梁(はり)・・・

堺市北区大豆塚町 新築注文住宅 造作家具

 

・・・杉板の柱・・・

堺市北区大豆塚町 新築注文住宅 造作家具

木の枠の柱に使っているのは杉の木です。針葉樹のやわらかな早材(春から夏にかけて成長する部分)の部分を磨いてへこませ、晩材(夏から夏の終わりに成長する部分)の木目を浮き上がらせる仕上げ方法で、この木目を浮き上がせるように加工することを『浮造り』(うづくり)といいます。触っていただくと滑らかな凹凸があります。是非、実際に触って確かめに来てくださいね^^

 

おうちが完成してからではなかなかできない『造作家具』や『ニッチ』!!これこそ、注文住宅だからこそ実現できる楽しみではないでしょうか。
洗面台なども造作でつくれますし、世界でたった一つのオーダーメイド満載なおうちづくりでワクワクがとまらないですね^^

堺市北区大豆塚町 新築注文住宅 造作家具

『夏すずしく、冬あったか』なスーパーウォール工法、『気密性・断熱性・耐震性・耐久性』にも優れている『高性能住宅』!!性能に加えて、見た目も、使っている材料にもこだわって1からおうちづくりができるなんて、羨ましいです^^
モデルルームで私の一番のお気に入りは・・・、なかなか1つには絞れない(笑)まず玄関入ってすぐに事務所とお客さまをつなぐカウンターがあってその壁面にはおしゃれな『ニッチ』があるんです♬おうちにも、土間玄関からのこんなカウンターがあってもいいな~と思ったり・・・^^2階にあがると、1番をつけがたい造作家具がいっぱいです♬実際にモデルルームを気に入っていただき、「こんな感じにしてほしいです!!」と言ってくれたお客さまがたくさんいてるそうです!私も同感!!(笑)

あなたなら、どんな造作家具でおうち空間をつくりたいですか!?
是非ぜひ、モデルルームに来ていただき、注文住宅でつくるおうち空間のイメージを膨らませにきてくださいね~^^

 

 

普通の主婦が工務店で仕事をすれば…

新築・建て替え 注文住宅 専門家正田工建スタッフ 西村 みわ

西村 みわ 【ブログを書いてる人】

主婦歴〇〇年!工務店の知識無し!なのになぜか工務店に就職。仕事内容は初めてのことばかり。今では「私、工務店の仕事向いてるかも…」理由は毎日が楽しいからですと西村氏。家づくりを考えている方に「成功するための注文住宅」の情報発信中

Archive